立体駐車場のメーカーおよび独立系メンテナンスの違い

立体駐車場を検討する時には設置後のメンテナンスについて把握をしておく必要があります。


自宅に立体駐車場を設置した場合、モーターが故障する、部品が劣化してしまい故障してしまう、電気系統のトラブルで動かなくなるなどのトラブルが起こる事もあります。

立体駐車場のメーカーに関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

定期点検やメンテナンスは立体駐車場を長く使い続ける上で重要なポイントです。


立体駐車場のメンテナンスは大きく分けるとメーカーメンテナンス、独立系メンテナンスの2つに分ける事が出来ます。


メーカーの場合にはメーカー責任とメンテナンスの窓口が一本化出来るので安心があります。

しかし、部品費用や作業費用が高額、価格交渉は難しいなどの特徴を持っています。



また、保全工事の方針そのものが予防保全に基づく考え方などがあるため、費用負担が大きくなるケースが多いと言われています。



その反面、部品の在庫が豊富にあるため、故障時の対応が早いなどのメリットはあります。
独立系メンテナンスの場合は定期的な保守点検費用を抑えられる、独自ルートで調達可能なパーツについては部品費用を抑える事が出来ます。

しかし、コントロール系の機械部品などの場合はメーカーから取り寄せになるため時間が掛かる事もある、部品の種類によりコストが高くなるケースもあります。
一見メーカーメンテナンスの方が有利と感じられる部分もありますが、独立系メンテナンスの場合でも、迅速な対応や部品の種類に応じて修理費用が安くなるなどのメリットもありますが、トラブル時の迅速な対応は選択する上で重要なポイントではないでしょうか。