立体駐車場のメーカー選びは事例を参考にしましょう

立体駐車場は大きく分けると機械式と自走式などに分類が行われると言います。両者を提供しているメーカーは多くありますが、メーカーを選ぶ時には過去の事例がどれだけあるのかをチェックしておくのもお勧めです。自走式の場合は、駐車スペースやスロープが傾斜している連続傾床式、スロープと駐車スペースが独立した構造を持つフラット式、各階の中間階に駐車スペースを確保するステップ式などの種類があります。

様々な立体駐車場のメーカー情報を見つけましょう。

機械式は2階建てや3階建てなどの構造になっているものや、ビル全体を立体駐車場にした、収容台数を多く確保出来るタイプなど様々です。

設置するだけで良いものと建物を建築して設備を導入するなどの種類が立体駐車場にはあるわけです。
メーカーのサイト内には過去の事例の紹介が行われているケースが多いのですが、事例を多く持つメーカーの場合は設置実績も多数あります。

これから立体駐車場を検討している場合は、事例の中から設置する場所と同じものを見つける事で、最適な設備を導入出来るメリットにも繋がります。



また、自走式の場合は設置に最適な環境があるので、事例の中でどのような環境であれば駐車がしやすくなるのか、利用する人にとって便利な方式はステップ式なのか、それともフラット式なのかなどの把握も出来るようになります。



マンションの立体駐車場を検討している場合と工場などの従業員専用の駐車場を検討している場合では、利用者のニーズが異なるためメーカーのサイト内での事例をチェックするのがお勧めです。