立体駐車場は提案型のメーカーがお勧めです

現在の駐車場の収容台数を増やしたい時、土地の広さを広げれば収容台数を増やす事は出来ます。

しかし、土地を広げると言っても敷地内だけで行うとなると限界もあり、2〜3台は増やせるけれども、それ以上の収容スペースの確保は出来ないケースは多いと言えましょう。

その点、メーカーが用意している立体駐車場の場合は、階数に応じて2倍や3倍などのように簡単に収容台数を増やせる、現在の駐車スペースを上方向に伸ばす形で駐車場を建設出来るわけですから狭い土地でも有効活用がしやすくなります。

立体駐車場のメーカーがどんなものかご存知ですか。

立体駐車場の設備を用意しているメーカーは、立体駐車場そのものの設備を製造販売しているメーカーもありますし、自走式と呼ぶドライバーが運転をして駐車スペースに止める形の立体駐車場の設計や施工を行うメーカーがあるなど様々です。



自宅の駐車場を立体化する時には機械式、アパートなどの不動産投資を行っている人が敷地内にある駐車スペースの拡大を行う時も機械式を利用するのが一般的です。マンションなどの場合は、敷地面積が広大な場所では機械式よりも自走式の方が収容台数を階数に応じて増やせるメリットがあります。



いずれの場合も、設置を行う場所に合う立体駐車場を選ぶ事が収容台数を増やす効果に繋がります。メーカーの中でも提案型のセールスを行っている会社には過去の事例が豊富にありますし、経験を持つ事でノウハウを使ってお客さんに対しての提案を行って貰える、ニーズに合うものを導入出来るメリットを持っています。