収容台数を倍にする立体駐車場のメーカー選びについて

category01

アパート経営を行われている人も多いかと思われますが、アパート経営は家賃収益を持つ事が出来る魅力があります。


但し、家賃収益は入居者がいる状態の場合で、退去した時には次の入居者が決まるまでの間、収入が減るなどのリスクを持ちます。


マイカーを所有している人にとって駐車スペースがある事が条件になっている事もあるので、立体駐車場にする事で借り手が付きやすくなるなどのメリットに繋がります。

立体駐車場のメーカーの特徴をご紹介する情報です。

平面駐車場では4台しか収容出来なくても、立体駐車場を導入する事で収容台数が倍の8台になるわけです。



駐車場がある事を絶対条件にしているケースが多いなどからも、経営の中での立体駐車場は入居者の確保を容易にしてくれるなどのメリットがあるわけです。



国内には色々なメーカーが開発を行っており、メーカー比較をしておく必要があります。

設置したいけれども現在の土地に設置が出来るものがあるのか、メーカーの公式サイトを利用する、事例などが紹介してある場合には、事例を参考にしてこんな使い方や設置の方法があるなどの知識を養っておきましょう。
また、メーカーの公式サイトに直接アクセスする方法もありますが、立体駐車場のランキングサイトを利用すれば、口コミ評判が高いメーカーを見つける事が出来るようになります。
ランキングの中では戸建て住宅などに最適な設備、アパート経営やマンションなどに最適な設備を分けて紹介が行われているものを使えばニーズに合う立体駐車場を見つける事が可能です。


駐車場関係の真実

category02

立体駐車場は大きく分けると機械式と自走式などに分類が行われると言います。両者を提供しているメーカーは多くありますが、メーカーを選ぶ時には過去の事例がどれだけあるのかをチェックしておくのもお勧めです。...

subpage

駐車場の秘訣

category02

現在の駐車場の収容台数を増やしたい時、土地の広さを広げれば収容台数を増やす事は出来ます。しかし、土地を広げると言っても敷地内だけで行うとなると限界もあり、2〜3台は増やせるけれども、それ以上の収容スペースの確保は出来ないケースは多いと言えましょう。...

subpage

駐車場のテクニック

category03

立体駐車場を検討する時には設置後のメンテナンスについて把握をしておく必要があります。自宅に立体駐車場を設置した場合、モーターが故障する、部品が劣化してしまい故障してしまう、電気系統のトラブルで動かなくなるなどのトラブルが起こる事もあります。...

subpage

駐車場の専門知識

category04

立体駐車場のメーカーの多くは、単純昇降式を初め、横行昇降式やタワー式、地下循環式など様々な装置を使った製品を用意しています。単純昇降式は土地の上に立体駐車場の機械を設置するだけで利用出来るタイプ、横行昇降式はビルの内部に装置を導入するタイプで、狭い土地でも設置がしやすいメリットを持っています。...

subpage